バイアグラにはジェネリックがある

今、ジェネリックと言うのは注目を集めています。
そして実際に処方された事があると言う人もいるでしょう。
研究開発する必要が無いので、薬価も抑える事ができます。
医療費を抑えたいと言う人にもとても良い薬だと言って良いでしょう。
勿論服用方法や期待できる効果等は全て先発医薬品と同じ薬となっています。
現在、日本の病院で処方されるED治療薬は3種類ありますが、その中でも元も古い薬がバイアグラです。
服用後45分程度で効果を感じる事ができる薬で、空腹時に水かぬるま湯で飲みます。
効果持続は4時間程度となっているので性行為の1時間程前に飲むと良い薬です。
しかし病院で薬を処方してもらう場合は診察代が必要となるだけでなく、1錠あたり1500円から1800円程払う必要があります。
そのため、ED治療薬は必要なタイミングで服用する薬ですが、何度も利用すると経済的負担は避けられません。
では、バイアグラにもジェネリックはあるのでしょうか。
現在、バイアグラジェネリックは複数のメーカーから発売されています。
さらに通常のバイアグラとは違って、アジャンタファーマのカマグラではゼリーやチュアブル、発砲錠のタイプも開発・販売されているので、錠剤が苦手だと言う人にも十分使い易いと言う点が大きな特徴です。
味も豊富にそろっていて、カマグラゼリーの場合はライチやグアバ等があります。
またカマグラチュアブルはフルーツ味で、オレンジやイチゴ味を堪能する事ができます。
発砲タイプはオレンジ味です。
バイアグラと言えば水かぬるま湯で服用する事が基本ですが、バイアグラジェネリックは水等を利用せずに服用できるタイプも多数そろっているので、使い勝手が良くなっていると言っても良いでしょう。
手軽に利用する事ができるので、海外医薬品の個人輸入で入手する人にはとても人気があり、高く評価されています。

カマグラ以外にもカベルタやゼネグラなど多数のメーカーから発売されており、女性用バイアグラのラブグラも大人気となっています。