勃起の仕組みについて

勃起のメカニズムと陰茎海綿体について知っておこう

男性の生殖器は、女性の体の構造とは大きな違いがあります。

男性の陰茎は、2本の陰茎海綿体と一本の尿道海綿体から出来ています。
海綿体とは、細い血管で作られておりスポンジ状の組織のことです。
男性の体を知るために、勃起のメカニズムをきちんと覚えておく必要があります。
男性の陰茎は性的な興奮を得ることで、動脈の血流が良くなり、海綿体にも血液が流れます。
陰茎が太くて固くなり、上向きの状態になり、平常時よりも1.5倍から2倍の長さになります。
女性の生殖器に挿入が出来る状態になり、陰茎が太く長くなっている時は陰嚢なども上向きになります。
男性は女性の裸体を見て興奮するだけでなく、写真や映像をみて、視覚的にも興奮すると陰茎海綿体の血流が良くなります。
陰茎が太く大きくなると、精液が分泌されるため、射精という現象が起こります。
射精をすると男性は、強い快楽を得ることができますし、排卵日の前後であれば女性を妊娠させることができます。
思春期の10歳から15歳くらいの男性は、初めて射精を経験する精通が起こります。
女性の初経に当たるもので、精通を経験することで妊娠させる能力が身に付きます。
睾丸から精液が分泌されて、ある程度溜まってくると性的刺激を受けやすくなり、陰茎が太く固くなることが多いです。
逆に恐怖や緊張、ストレス、不安などを感じた時は、勃起がしにくくなります。
男性の生殖器は大変デリケートになっており、仕事や人間関係で強いストレスを受けたり、肉体疲労をしている時は充分に陰茎が大きくならない場合があります。
男性は性行為がスムーズに行かないと自信を喪失したり、老いたような気分になってしまいます。
肉体疲労や精神的なストレスが緩和されると、改善されることも多いですが、長く続く時は医師に相談することも大事です。
冷え性や糖尿病などの持病がある場合は、血流が悪くなっている可能性があるためビタミンやミネラル成分を多く含んでいる食品や、健康食品を補うようにしましょう。