バイアグラの特徴

バイアグラは世界で一番最初に開発販売されたED治療薬で、世界的にも有名なアメリカの製薬メーカーのファイザー製薬が開発製造しています。
1998年1月にアメリカで発売されたのを皮切りに、世界中のEDで悩む男性に利用され、爆発的な人気となりました。
日本では1999年1月25日に厚生労働省が承認をし、3月23日より日本ファイザー製薬を通じて販売が始まっています。
基本的には医師の診察に基づいて処方されるED治療薬となっています。
有効成分としてシルデナフィルクエン酸塩を含んでおり、錠剤は青色で菱形をしています。
もっとも、中身は白く表面が青くコーティングされているだけです。
中は噛み潰すととても苦いため、噛まずにそのまま水で飲み込むのが基本となります。
有効成分のシルデナフィルの量に応じて日本国内では25mg錠と50mg錠が承認されていますが、海外では100mg錠も販売されています。
100mg錠というのは、有効成分のシルデナフィルが100mg含まれているという意味です。
気を付けてほしいのは、バイアグラは精力剤のように精力をつけるものではなく、性欲をアップさせたり性的刺激や興奮をもたらすものではありません。
どのように効くかというと、性的刺激を感じたあとの勃起のメカニズムをサポートするところにあります。
男性の体の中には勃起しないようコントロールするための酵素が存在しています。
ED患者の場合、この酵素の働きが優勢になってしまい、勃起しづらい状態になっていることが少なくありません。
有効成分のシルデナフィルには、勃起を抑制する酵素の働きを妨げる働きがあります。
性的興奮を感じて脳が勃起をせよと指令を出すと、勃起を抑制する酵素を抑制し、かつ、血管拡張作用により血流を陰茎の海綿体へと集中させます。
これによりスムーズな勃起が起こり、陰茎が太く硬くなるという仕組みです。
効果を発揮させるためには、なるべく空腹時で性行為の1時間ほど前に水で服用するようにします。
空腹時であれば30分ほどで効き目が現れ始め、持続時間は約4時間から5時間ほどとなっています。
油や脂肪分が胃の中にあると吸収が妨げられるため、食事と一緒に服用するのはなるべく避ける必要があります。
どうしても食後になる場合には、脂肪分や油の少ないあっさり目の食事を控えめにとったうえ、食後2時間程度置いてから飲んでください。
また、水ではなくお茶やアルコールで飲んでも問題はありませんが、脂肪分の含まれる牛乳などで飲んではいけません。

バイアグラ通販するか医者の処方を受けるか?あなた次第です。